インスタントで楽しむ「ネスカフェバリスタ」

『ネスカフェバリスタ』このマシーンの人気が急上昇しています。その理由は・・・とにかく「安い!」。全自動エスプレッソマシーンは数万円~数十万円。この値段は即決めできませんよね。それを考えたら、一万円以下ですぐにでも手が届く「おうちカフェ」です。買い物ついでに「あ、これ買って帰ってカフェ気分でまったりしよう」と買って帰れます。

そもそもネスカフェバリスタは、インスタントコーヒーを使っているので、グラインダーなどが不要なのです。その分安くて・コンパクトです。

①  インスタントコーヒーをセットする

②  (カフェラテやカプチーノの人は)ミルクをカップに入れてセットする

③  好みのボタンを押す

④  出来上がり

インスタントコーヒーは「ネスカフェゴールドブレンドエコ&システムパック」というのを使用します。「香味焙煎・深煎り」や中煎りなどもあって選ぶことができます。色んな豆を選ぶ手間も知識もいりません。気軽に色んなパックを試してみましょう。パックはマシーンの上のフタをあけてカパッと入れるだけ。一杯当たり何と14円という安さでバリスタが居てくれるような美味しさを演出してくれます。

カプチーノが好きな方で、今までインスタントを入れて牛乳温めて泡立ててとしていた方なら、朝でも余裕でカプチーノを手間無く飲めます。何しろボタン一つで牛乳からフォームミルクを作ってくれるのですから、これは手作業だった方には夢のようです。

 

コーヒーメニュー

このマシーンの価格で、5つものメニュープログラムがあるのは驚きです。

①  エスプレッソタイプ=深煎りのようなコクと、金色のクレマが特徴です。

②  カフェラテ=コーヒーにミルクを混ぜたほんのりコーヒーです。

③  カプチーノ=ふんわりしたフォームミルクをのせて。

④  ブラックコーヒー=本来の香りをそのまま楽しめます

⑤  ブラックコーヒー(マグサイズ)=たっぷりのめるブラックコーヒーです

 

仕様について

重量3.6㎏で大きさはW17.6×H35.9×D28.5とコンパクト。電源さえあればお部屋の何処でも持っていって淹れることができます。タンクは0.8L。インスタントを扱っていても最高15気圧をあげています。

 

メンテナンス

いくらお値段がリーズナブルといっても使い捨てではありませんので、しっかり洗浄メンテナンスをして衛生的に香りよいエスプレッソをいただきましょう。パーツを順序良く外して洗浄しパーツを戻す・・・という手順が取り扱い説明書には丁寧に記載されています。さすが日本企業は細かいところまで行き届いています。

このマシーンは粉専用ということになるので、湿気に弱いのです。湿度が高すぎるとマシーンがというより粉が固まってしまい出てこないという事態になります。マシーンのメンテナンスと同時に、粉が湿気ないようにすることが肝心です。