メンテナンスのしやすさは美味しさに繋がる

全自動エスプレッソマシーンはボタン1つで美味しいエスプレッソが飲めたり、カフェのようなクリーミーなフォームミルクを味わえたりと便利で美味しい機械ですが、衛生と美味しさ・機械の寿命を保つためにはメンテナンスが必要です。マシーンを購入する際には、例えば毎日洗浄したりするものは取外して洗浄できるかとか、マシーンの中を掃除するのに扉を開けやすいとかをチェックすると良いでしょう。

 

サエコのブルーイングユニット

エスプレッソマシーンメーカーのサエコの特許でブルーイングユニットがあります。これはマシーンの肝心な部分です。このメンテナンスですが、ゴシゴシ洗剤で綺麗にしていると何と「壊れます」。綺麗にしているのに壊れちゃうの?と思いますが、水道でまんべんなく水を流してコーヒーの粒子を取り除けばOKです。このブルーイングユニットにはグリースが塗られています。食品用グリースなのでこれが付着していても大丈夫です。むしろこれを全く取り除いてしまうと、マシーンの故障に繋がります。また、水洗いが足りずに粒子が残っていると詰まりの故障になります。

 

毎日のお手入れはカス入れ・排水トレイ・ミルクフォーマー・スチームパイプ

毎日のお手入れは地道ですけれ、どエスプレッソの美味しさに直結すると思えば安いものかもしれません。これを怠るとコーヒーカスが酸化した臭いが残って、次に淹れるエスプレッソの香りに移ってしまったり、ミルクフォーマーが不衛生になってしまったりします。せっかくカフェ同様の味を演出できるのですから、安心して味わえるようにしましょう。

カス入れ・排水トレイは臭いが残らないためにも、いっぱいになっていなくても一日の終わりには洗浄したいところです。漂白したい場合は専用の洗剤があるのでこれで軽く洗いましょう。

ミルクフォーマー・スチームパイプは栄養いっぱいの牛乳を扱うので、菌の繁殖の対象になってしまいます。また、熱で固まるので牛乳が内部に残っているとだんだんミルクフォーミングの出や状態が悪くなっていきます。これは一日の終わりというよりは、使用後なるべく早く洗浄することがコツです。洗浄方法は部品や作りによって違うので合った方法で行いましょう。

 

豆容器の洗浄

毎日のメンテナンスではありませんが、一年に数回は洗浄したいところです。ここはコーヒー豆の油が多く、油が酸化することでエスプレッソの香りや味に影響します。しかし食器洗剤と水でゴシゴシやってしまうと、水分が中のグラインダーに入った場合に故障の原因になってしまいます。専用の洗剤で、よく絞った紙ナプキン等で油分をふき取るという方法をとります。

 

全自動エスプレッソマシーン共通の一番壊れやすいところの洗浄

メンテナンスはマシーンの寿命を延ばします。全自動エスプレッソマシーンのどこのメーカーでも、一番壊れる原因になっているのがボイラーで、やはり石灰が溜まるのが原因です。水タンクは出し入れしやすいもので、毎日新鮮な水を入れ替え、水フィルターなどを使用しましょう。そして一年に3~4回は除石灰剤で石灰を取り除きましょう。すっかり溜まって固まってしまったものは除去するのが大変です。その前に綺麗な状態を保っておきましょう。