サエコ Talea(タレア) シリーズ

多機能なサエコ Talea シリーズ

サエコのタレア(Talea)シリーズには、ジロ(Giro) と リング(Ring)の2種類があります。

ジロ(Giro)はアナログのダイヤル式で微調整が効きます。ミルクアイランドはオプションです。
リング(Ring)の方はデジタル液晶表示のクイックホイール式で、ミルクアイランドが付属です。

この機種の動画掲載ページ

タレアシリーズの特徴

サエコの特許であるSBSサエコ・ブルーイング・システムでコーヒー抽出時に抽出部へ圧力を働きかけて味わいを調整できます。マイルド・ミディアム・ストロングを選ぶことができます。

ミルクアイランドはミルクフォームを簡単に作れる優れものです。ノブを捻るだけでカラフェ内のミルクを泡立ててくれます。初心者でもふっくら木目細かなミルクフォームを楽しむことができます。ミルクアイランドが標準搭載されているのはリングですが、ジロは微調整を効かせて抽出したり、ミルクアイランドもオプションで選ぶあたり、ある程こだわりのある経験者が好みそうな機種です。

サエコでは「水」にもこだわっていて、専用の浄水フィルターを用意しています。抽出直前に水をろ過するため、さらに美味しいエスプレッソを楽しめるようになっています。

可動式ドリップトレイも便利です。ドリップトレイが上下してカップの高さに合わせることができます。壊れやすいエスプレッソのクレマのための心遣い、ぜひ活用したい機能です。ネット価格ではジロで198,000円から購入可能のようです。

 

タレアシリーズの評判と口コミ

ミルクアイランドは現在800のみのようですが、メンテナンスをちゃんとしないと泡立ちが悪くなります。使用後水を入れてアイランドを動作させて水すすぎをします。さらに、分解してSC-1000を入れた水に付け置き洗いをします。それでも泡立ち悪いと、小さいブラシで掃除します。牛乳カスをいかに取り除いていくか、根気欲試行錯誤していくしかないですね。

総じて、購入した方は家にカフェができたようだと評判が高いです。豆の量・挽き具合・抽出力と量の4要素を一度調整セットしてしまえば、安定的に自分の好みのエスプレッソを飲むことができて便利です。豆の欠点さえもカバーしてしまうほどです。

細かいマイナス点といえば、水タンクが空の時の警告灯があらゆる警告と一緒になっているので空がわからず、横から水タンクを引き出すときに引き出しにくいということがあります。まれに除石灰洗浄時にプログラム異常があったり、1年以上経って除石灰でトラブルがあると修理代がかさむことがあります。こまめな除石灰が必要なのかなと感じています。

この機種の動画掲載ページ