「エスプレッソ」と「コーヒー」の違い

「エスプレッソ」と「コーヒー」の違いを聞かれて

「うーん、濃さかな? 苦いよね。あと、量が少ないね」

と答えてしまいました。パッと見た目や飲んだ感じはこのようなものでしょうか?

では、エスプレッソをよりいっそう楽しむために、この二つの違いを見てみましょう。まずは、それぞれについて説明します。

 

コーヒー

お馴染みコーヒーはインスタントも美味しいものが普及してきましたが、やはり豆を挽いたものから淹れるのが段違いに美味しいですね。

コーヒー豆を挽いた粉を入れたフィルターに熱いお湯を注ぎ濾します。これによってコーヒー成分を抽出していくのです。機械ではコーヒーメーカーや、サイフォンで淹れます。

 

エスプレッソ

専用の機械を使用し、コーヒー豆を極細や粉にしたものを押し固めて、高温高圧の熱湯を一瞬で通過させ成分を抽出します。高温高圧での抽出になるので、コーヒーよりも濃くてまさしくコーヒー豆のエキスといった深い味わいです。トロミのある液体の上には、クレマという泡が立ちます。コーヒー豆の甘みと香りが含まれたもので、これを楽しむといいます。温かく泡立たせた牛乳をエスプレッソに浮かべ、カプチーノにしたり、カフェラテを作って味わうことも出来ます。

 

コーヒーとエスプレッソ

コーヒーが一度お湯を垂らして蒸らし、ジワジワと抽出していくのに対して、エスプレッソは数秒で出来上がります。豆の種類はお好みというところですが、ロースト(焙煎)に関してはイタリアではフルシティローストをよく使われています。

コーヒーとエスプレッソで大きく豆の扱いに違いが出るのは豆を挽く場面です。コーヒーは粗挽き・中挽き・細挽きお好みによってですが、エスプレッソは抽出の都合上極細挽きになります。極細挽きから、さらに好みによって分かれるようです。豆の空洞部分をお湯がどのように通るかで、出来上がるものが違ってくるのです。

また、コーヒーとエスプレッソが抽出方法が違う全く別物であるのと同じで、基本的にマシーンも目的に合わせて全く別物になります。最近の全自動エスプレッソマシーンの機種の中には多機能ですと、メニューにコーヒーが入っていたりするものもあり、便利に使えるようにはなってきています。