メーカー別にみるアフターサービス

全自動エスプレッソマシーンのメーカー「サエコ」と「デロンギ」、どちらも有名なイタリアブランドですが、全自動エスプレッソマシーンが複雑な構造や部品であるという理由と、日本のメーカーよりもどうしても故障が多いということで、承知の上で購入する方が多いです。とはいえ、アフターサービスは必ず必要ですね。

 

サエコの日本でのアフターサービス

サエコはイタリアのメーカーですが、日本サエコ株式会社が日本での事業を展開していました。しかしその解散に伴ってサエコ製品の販売とアフターサービスは全面的にフジ産業株式会社に承継されました。

保証は一年間、初期不良は無条件で交換となっています。初期不良というのは、マシーンが手元に届いてから7日間ということです。使い始めて「あれ?こんなひどい音していいの?なんか変な臭いがするけど?水漏れがする!」なんてことがあれば、すぐにメーカーサポートセンターへ連絡しましょう。

また、販売専門店によっては独自に修理点検をしているところがあります。その店で購入した場合のみ有効なので、アフターサービスが良いところで購入するのも手です。

 

デロンギのアフターサービス

デロンギはイタリアの電化製品メーカーです。というだけあって、アフターサービスの体制は日本によく似ています。修理や点検は「お客様サポート」へ連絡します。製品の「型式番号」を用意しましょう。損傷の経緯や保証期間によっては有償になることがあります。また、修理期間を過ぎたものは対応できない場合があります。

アフターサービスの申込で気をつけたいところは、デロンギ・ジャパン宛に電話をしますが、業務用が365日対応に対して、家庭用は平日のみ受付なので注意が必要です。

また、初期不良の場合は、対象期間が届けられた日から2週間となっています。不良や不具合の判断にかんしてはメーカーサポートセンターが預かり後判断となっています。保証書のシリアルナンバーをアフターサービスに伝えましょう。

購入から1年以内に家庭用ならば通常の家庭用の使い方をした場合の故障などは無償で修理となります。気をつけたいのは、家庭用を業務用や車両や船舶に搭載して使用した場合などは保証対象外になるので注意が必要です。

 

初期不良、つまり製品として出荷された時点ですでに不良品だったという場合を除き、故障無く長持ちさせるために両者メンテナンスを推奨しています。サエコなどはネットショップでもサエコショップを開いていて、メンテナンスに必要な専用洗剤などを購入できるようになっています。他のネット通販で売り切れでもここでなら買える場合があるのでチェックしましょう。